クローズで働き続けることは本当に苦しいけど

仕事はずっとクローズで続けています。オープンでの就職は、門戸が狭まる印象が強いこと、自分はもっとできることがあるのではないか、という思いがあるためです。クローズで働くことは、非常に苦しいです。障害のない方にとって当たり前にできることができないため、何倍もの気力や体力が必要になります。それでも今はあがきたい、この気持ちだけでしがみついています。

この病気を抱えながら看護師として働く人へ

自分と同じ双極性障害を持つ患者さんに感情移入をし過ぎないことが大切だと思います。自分もいずれ入院して、慢性化してしまうのではないかという不安はつきまといますが、きちんと通院して服薬を続けることが全ての基本かなぁ、と思います。また、再就職の際はクローズで就活をしました。医療業界でない方は、精神科であるが故に精神疾患に対しての差別は少ないと思われるかもしれませんが、逆に厳しいものがあります。現在の職場でも、双極性障害に対する偏見を感じています。

クローズで看護師の仕事を

精神的に耐え難い出来事からうつ病になり、SSRIを服用していましたが、躁転して双極性障害と診断されて、何度も仕事で挫折しました。Read more

就職活動の時は病気のことを隠せと言われるけど

病院という特性上、とりわけ健康な職員を募集しているわけです。学校の先生からは、双極性障害という病名は隠せと言われます(学校には伝えています)。Read more