躁状態になったときの症状

私の躁状態の症状は、過活動、性的逸脱、食欲減退(食欲を感じない)、万能感、浪費などです。

リストカットや瀉血(しゃけつ)に走ってしまう

とにかくお金の管理が出来なくなるのが私の中で一番しんどいところです。(浪費)また、色んな事に興味を持ち注意も散漫になります。ありがちですが、何でも出来る、そう思ってしまいます。リストカットや瀉血等に走ってしまうのも、うつ状態より躁状態の時の方が多く、加減が分からなくなったりします。

元気な時に頑張っておかねばという使命感に駆られてしまう

躁の状態では、私はほんとうに幸福感を感じています。軽躁なのですが、普通に家事をこなせたり、気分もいいので軽躁の状態の方がいいと思っていました。Read more

1~2ヶ月周期で躁と鬱を繰り返す

1~2ヶ月に1度のペースで躁と鬱を繰り返しています。私の場合は鬱の方が強いようで、身動きがとれない時期が2週間ほど続き、次第に起き上がれるようになってバリバリ家事をこなせるようになります。ヒラメキや行動力もアップし、鬱期とは正反対の元気ハツラツ!状態です。そして次第にイライラが増し、躁の頃の疲れも出てきて鬱に逆戻り、というサイクルで生活しています。

怒りっぽいと感じたら躁転を疑う

他人に対して怒りっぽいと感じた時は、躁転を疑う。よく言われているが寝なくても平気。怖いものがなくなる。

テンションのコントロールが効かない

ご機嫌か、急なぶちギレ、常にイライラ、我慢できない、衝動買い、批判、自己正当化、脳内が遊園地状態で話題がコロコロ変わる、急に歌いだす、踊り出す、とにかくテンションのコントロールが効かない、身体を傷つける、耳に穴を開ける、髪をハサミで切りまくる、髪色を変化させる、他人、家族関係なく偉そうになる、何故か無敵になって負けないと強がる、変なところで意地を張る。

マンションの自治会長に立候補して後悔

マンションの自治会で会長に立候補してしまいました。鬱が来ることはわかっているのに、ええかっこしいで引き受けて後から後悔。その時はできる!と思っています。