何を食べても砂のような味しかしなかった時期も

私がこれまでに経験した症状を3つの時期に分けて、次のように整理してみました。Read more

自分なりの「疲労のサイン」を把握しよう

疲れていることを直接的に自覚できなくても、疲れている時に肉体的・精神的に自分がどんな状態になるかを把握しておけば、躁状態やうつ状態の予防に役立つと思います。私の場合は次のような疲労のサインがあります。

  • 過剰な睡眠(9~12時間)
  • お腹を壊している
  • 不安感
  • 気圧の影響を受けやすい
  • ストーブの消し忘れが気になる
  • 情緒不安定(→早く寝る準備をする)

頭が回らず、宙に浮いている感じがすることも

「やや鬱症状」としては、頭痛、ミスが増える、頭が回らない感じがする、宙に浮いてる感じがする、新しいことが出来ない、寝た気がしない、音に敏感(笑い声、効果音)、いつもやってることをいつの間にかやってしまう、不安、そわそわして落ち着かない、夢ばかり見る、などがあります。「鬱症状」としては、楽しいと思えることが少ない、急に泣きたくなる、話したいことをため込むけど言えない、ずっと寝ていたいと思う(ひどくなると寝続ける)、家事することやお風呂入るのがすごくしんどい(倒れそうになる)、などがあります。

できる仕事の選択肢を増やすために様々な資格を取得

この病名があるだけで、めんどくさい人間だと思われがちなので基本他人様の前では言いませんが、劣等感を感じがちなので、とにかく資格等を沢山取っています。うつ状態の没頭しやすい時に一気に独学や通信教育で資格取得をして、自分の出来る事(仕事)への保険を増やしてます。今はやっとやりがいのある仕事を見つけましたが、それまでは職が定まりませんでした。正直、立ち向かえているのかはわかりませんが、自身のうつ状態の特性を活かして資格取得した事で天職に巡り合えました。

フラットな状態の時も体が重いと感じてしまう

躁の時のアッパーな感覚と体の軽さを忘れられず、フラットな状態でも「全身が重く、頭にキレがない」と感じて不安になる。

目にするものが遠ざかっていくように感じる

うつの入り口付近にいる時。音楽がうっとおしくて聴けない。目にするものが、遠ざかっていくように見える。不安に包まれる。

ストレス対策のための「自律訓練法」

私がストレス対策の一環として行っている自律訓練法を紹介します。Read more

あの頃に戻りたいと思ってしまう

大学院修士課程在学中に、不眠や注意力の欠如などの鬱病の症状が出て日常生活がままならなくなり、精神科を受診しました。Read more

筋トレと水泳と入浴が私の対策

主治医と夫から勧められて効果があったのは、筋トレでした。体の大きい筋肉(腹筋や大腿四頭筋)を鍛えると良いと言われています。Read more

貧困妄想が激しくなる

鬱になると貧困妄想が激しくなり、やはりこちらも焦りが出てきてしまいます(こちらのナレッジも参照)。どんどん心のアクセルを踏んでしまいたくなってしまうので、困っています。