薬で太ったが筋トレと軽い食事制限で減量に成功

ただでさえ精神科の薬は太りやすいのに、セロクエル(クエチアピン)やジプレキサを処方されている方々は体重増に悩まされていない方が少ないでしょう。Read more

何を食べても砂のような味しかしなかった時期も

私がこれまでに経験した症状を3つの時期に分けて、次のように整理してみました。Read more

発病してからの経緯

22歳で就職してから現在に至るまでの経緯をまとめてみました。Read more

人前では気を使って明るく振る舞ってしまうけど

病院へ行こうと思ったきっかけは、仕事中にぼーっとしたり、泣くことが増えたりと精神的に不安定になったことと、不眠や食欲不振、嘔吐などの体調の悪化で1ヶ月で6kg痩せてしまったからです。Read more

躁を抑える薬は飲み続けたい

減薬は割とどうでもいいと思っています。特に、躁に関する薬のリーマス(炭酸リチウム)やラミクタール(ラモトリギン)はむしろ飲み続けたいです。イメージとしては心臓病や糖尿病の方は薬飲んでますよね?的な感じです。基本的に処方薬のリクエストはしませんが、肥満の対策についてだけはお願いしました。ある程度の年齢の医師は抗うつ薬を何種類も最大量出す傾向を感じます。現在の主治医のもとで、不要になった抗うつ薬を切ったら、自然と痩せました。私の場合、抗うつ薬での躁転が怪しいところです。今となっては迷宮入りですが。

ひどい時には声を出す事すらおっくうに

鬱状態の時、気分が落ち込むのは想像しやすいかと思いますが、身体的な症状が出ることもあります。Read more