自分に合った主治医や病院を見つけるための10箇条

  • 減薬・断薬したいと申し出た時に協力、具体的な計画を提示してくれるか
  • 顔の表情を見て話してくれるか(パソコンを見ている先生が多い)
  • 障害者手帳、年金、自立支援などの手続きを熟知しているか
  • 初診からの2度目の診察時間が極端に短くないか
  • 希死念慮があると伝えた時、すぐに入院の指示を出すのではなく、じっくりとその背景を聞いてくれるか
  • 看護師等のスタッフの感じが良いか、事務的でなく親身に接してくれるか
  • こちらが感じていることなどを否定せずに尊重してくれるか
  • 自宅からの交通の便が良いことよりも、遠方まで足を延ばし、セカンドオピニオンなど、他の医師と比較検討すること
  • 他の患者の診察時間や、診察前と診察後の表情を観察すること
  • 名医かどうかや周囲の評判に捉われず、自分の足で多くの個人医・病院の診察を受けること

障害年金の受給に肯定的な医師を選ぶことの大切さとその見つけ方

私は、障害年金申請用の診断書を書いてくれるかどうかで医師を選ぶのをおすすめします。医師との相性、というのももちろん大切ですが、Read more

血液検査ができることや入院施設があることが病院選びの基準

双極性障害の診断が降りてからまだ1年あまりの初心者です。病院選びのコツ、というテーマがあったので自分の体験を書かせて頂きます。Read more

新しい指摘や情報をもらえるかが主治医を見極める指標の一つ

今の日本では、精神疾患の患者数が精神科や心療内科のキャパを超えてしまっていると思うので、需要と供給のバランスが崩れてしまっているというか、殿様商売をされても患者側がある程度それを許容せざるを得ないと思います。Read more

知識を身に着けて医者ともディスカッション

医者に言われるがままになるのではなく、自分の考えをぶつけて話し合うスタイルにしておくことが結構重要だと思います。Read more

リーマスを処方するかどうかを医者選びの基準の一つに

病院探しにネットの評判は当てにならない。実際に医者に会ってみて、フィーリングが合うか確かめることが肝心です。個人的にはリーマス(炭酸リチウム)を出すかどうかというのも基準にしています。中毒のリスクを承知の上で、定期的な採血をしながら処方してくれる医者を信頼しています。リスクや手間を嫌って抗精神病薬ばかり出す医者は、副作用で患者が脂肪肝になろうが高血糖になろうが、見て見ぬ振りをするので嫌いです。

処方の腕の良い精神科医とめぐり合うことが大切

現在、精神科医の平均診察時間は6分と言われています。そして、精神疾患の状況を改善するために一番重要な項目は投薬(服薬)です。従って、いかに短い時間の中で患者の状態を正確に見極め、診断を下し、適切な処方ができるかどうかによって、その後の患者の容態や寛解までの道のりが大きく変わってきます。カウンセリングは別個に臨床心理士が行う分野で決してお悩み相談ではないのが現実なので、組み合わせも大切でしょう。

話しやすい主治医を見つけることが大切

主治医に関しては、自分が通いやすい精神科、メンタルクリニックを色んな所へ行ってみてしっかり選ぶのが大切だと分かりました。話しやすい主治医を見つける事は凄く重要だと思います。

近さや便利さで病院を選んではダメ

わたしは、病院選びは、「近さ」「便利さ」等で選んでは絶対にダメだと思います。多少遠くても、先生との相性が一番です。Read more