双極性障害ナレッジベース開発プロジェクト


双極性障害ナレッジベース開発プロジェクトは、代表の白楽たまきが2016年12月に開始した非営利のプロジェクトです。双極性障害(躁うつ病)の当事者の方々が持つ豊富な知恵と多様な経験を集めたデータベース形式のWEBサイトを作り、当事者間の互助を効率化することによって、この病気に人生を翻弄される人を一人でも多く減らしすことを目的にしています。


白楽たまき


双極性障害ナレッジベース開発プロジェクト代表で、「BIPOGRAPHY」管理人の白楽たまきと申します。私も双極性障害を持つ当事者であり、障害者手帳を保持している障害者です。この病気が原因でたくさんの辛い出来事を経験しましたが、自分らしい幸せな人生を送ることをまだまだあきらめていません。自称「不屈の精神障害者」です(笑)。


BIPOGRAPHYへの想いPart1


私がこの病気に人生を大きく翻弄されていた頃、当事者会やSNS上で同病の方々に随分と励まして頂きました。しかしそれと同時に、自分以外にも多くの当事者の方々が、病気の症状に苦しんでいるだけでなく、仕事・家庭・友人・収入・生活といった様々な面で深刻な困難に直面している現状を目の当たりにしました。そこで、自分だけではなく、この病気によって人生を大きく翻弄されている全ての方たちを何とかしたいと思い、このプロジェクトを立ち上げ、作業を進めてきました。この病気と共に懸命に生きる全ての当事者の方たちと一緒に幸せになりたい、そう考えています。


BIPOGRAPHYへの想いPart2


近年、うつ病に続き、発達障害や自閉症への注目度が高まり、それらの分野に対する支援の幅も広がっているように思います。しかし、双極性障害はそれらの病気とは対照的なポジションにいると感じています。うつ病より更に厄介で、人一人の人生をボロボロにするだけでなく、時には周囲の人間さえも不幸に陥れる破壊力を持った病気でありながら、他の病気に比べて症状や辛さが傍から見て分かりづらく、障害の程度が実際よりも軽めに認識されていることなどが原因となり、福祉制度や支援の手が十分に届いていないと考えています。そんな現状を変えるためには、当事者自身が動くしかないと考え、プロジェクトの立ち上げに至りました。クラウドファンディングに成功したことも、WEBサイトを公開に漕ぎ着けたことも、まだ始まりに過ぎません。今後も継続して当事者の方からナレッジを募り、ナレッジベースの質と量を充実させ、この病気に人生を翻弄される人を一人でも多く減らしたい。そう強く願っています。


プロジェクトメンバー募集


今後のBIPOGRAPHYを一緒に作っていって下さる仲間を緩~く募集しています。双極性障害ナレッジベース開発プロジェクトは任意団体でかつ非営利のプロジェクトであるため、対価をお支払いすることはできないのですが、それでもいいと仰って下さるご奇特な方からのご連絡をお待ちしています。皆でワイワイと話し合いながら試行錯誤を繰り返して、BIPOGRAPHYをより良いものにしていけたらいいなと考えています。参加資格は特にありません。当事者の方でなくてもOKです。ご応募やこの件に関するお問い合わせは下記のお問い合わせ用フォームよりお願いいたします。


お問い合わせ

BIPOGRAPHYに関する各種お問い合わせは下記のお問い合わせ用フォームよりお願いいたします。

お問い合わせ用フォームへ

ナレッジをご提供頂けるという方は、下記のナレッジ送信用フォームをお使い下さいませ。

ナレッジ送信用フォームへ