あの時の強い希死念慮はパキシルの副作用だったのかも

25~6歳の頃、パキシルを処方されて飲んでいた時、日に日に自殺願望が強くなり、かなり追い詰められ、レンタカーを借りてレインボーブリッジから飛び降りる計画を本気で考えていました。Read more

過食状態になると記憶がなくなる

鬱状態になると過食に走ります。特に食べたくなるものはチョコレートです。スーパーに買い物に行くと必ずチョコレートを買って食べまくります。また、夜に薬を飲み、一度は就寝してから無意識のうちに起きてコンビニに行っているようで、記憶にないお菓子のゴミがゴミ箱に入っています。コンビニまで自転車に乗って行っているようですが、ちゃんと乗れていないようです。転倒して足が痣や擦り傷だらけになっていますが、これも記憶にありません。

イラッとしても6秒間は我慢して反応しない

イラっときたら感情を6秒我慢。抑え込み過ぎると良くありませんが、6秒だけ深呼吸して落ち着かせるといいです。Read more

イライラしやすい時期はなるべく子供に近づかない

鬱になるとイライラが募るので、なるべく子供に近づかないことにしています。最低限のこと、食事や宿題を見るなどをしたら自室にこもります。子供もわかっているのでそっとしておいてくれます。主人も同じです。

鬱になると子供に当たり散らしてしまう

鬱になるとイライラが募るので、子供に当たり散らしてしまいます。子供がかわいそうなのはよくわかっています。でも癇癪が治らないので困っています。

鬱の時に寂しい思いをさせてしまった子供への穴埋めを

躁状態が来たら鬱の時にできなかったことを思いっきりやります。料理は必ず手料理で。子供とも遊びます。エネルギーが有り余っているので子供と遊ぶのにはちょうどいいです。夏はプールに行ったり、冬は子供と買い物に出かけたり。季節ごとに違うことをして、鬱の間さみしい思いをさせてしまったことへの穴埋めをしています。

あえて暗い音楽や暗い映画を

  • 家族に甘えて何もしない。ただひたすら鬱明けを待つ。
  • 自分の感情に正直になり思いっきり泣く。
  • 暗い音楽を聴いたり、暗い映画を観て、どん底まで落ちる。
  • しばらく落ちたままで過ごし、再浮上出来るまでほぼ1人の世界に入り込む。

下剤が効き過ぎて

お腹が緩くなり大便を漏らすこともありました。マグミット(マグラックス)という薬のせいです。

自室に一日引きこもることも

朝は起きれず、夜は眠れなくなります。セルフネグレクトになり部屋は汚部屋に。やる気がなくなり食事の準備もままならず、スーパーのお惣菜で済ませたり、買い物にも行けない時は乾麺の蕎麦やうどんだけで終わらせることもあります。自室に引きこもって、ベッドの上で1日過ごすこともあります。

マンションの自治会長に立候補して後悔

マンションの自治会で会長に立候補してしまいました。鬱が来ることはわかっているのに、ええかっこしいで引き受けて後から後悔。その時はできる!と思っています。