友人との約束はなるべく午後に

鬱期になると人との約束をドタキャンしてしまうことがありました。そこで、人と約束するときはなるべく午後にしました。また、あらかじめ友人に「もしかしたら当日気分が悪くて約束をキャンセルするかも」と伝えておきました。約束を午後にしたことで午前中に体調を整えることができるようになり、結果的に約束した通りの時間に集合場所まで行けるようになりました。

家族にも診察に同席してもらおう

精神科への通院時には、出来れば一緒に暮らしている家族(配偶者等)にも毎回同席してもらう。家族としてのふるまい方の指導も受けられるし、又、医師は、患者本人は気付いていなくても、家族が異常と気付くことを伝えれば、本人が気付いていない躁などに早目に対処できる。

リスク管理を怠らないようにしよう

双極性障害は躁状態の時の方が、自分の大切な資産や人脈を失ってしまう可能性が高いと言われています。Read more

社会資源や援助資源をフル活用しよう

精神疾患も立派な病気であり、認定されれば障害です。自立支援、障害者手帳、障害年金などの措置や処遇を受けられるものは、自分の障害を受け入れられれば積極的に利用した方が生活の負担が軽くなるはずです。

Amazonで不要な本を売って生活費を捻出

病気で動けない、どうしても収入が減ってしまう。けれども、医師からは休養が必要と言われて、家でゴロゴロ。Read more

ヤフオクで生活費を捻出

病気で半年ほど何もできなかった時のことです。収入もなく、それほど蓄えが潤沢にあるわけでもなく。けれども公共料金や家賃の支払いは待ってくれません。Read more

非当事者目線で自分の言動を振り返る

自分自身すらも他人を見るような感覚でいること。これも時間はかかりましたが、第三者目線で自分の発言や行動を見て生活する事でかなり楽になりました。なんで自分ばっかりなの!って詰んでしまった時に「世の中こんな人間もいるんだ」と、当事者目線じゃない考え方をするようになりました。なんだかんだ当事者なので苦しい事もありますが、一時的に逃げられる、という感覚でもあります。

病気のことを「理解」ではなく「認知」してもらう

自分で書籍を購入し、双極性について家族に認知して貰えるようにしています。理解ではなく認知です。理解はされないもの、と腹に落とす事で少し気が軽くなりました。

家庭や職場に観察者を作る

手帳を使ってのセルフモニタリングも有効ですが(こちらのナレッジを参照)、それだけではなかなかコントロールが難しいので、家庭や職場に「観察者」を作ります。信頼できる家族や先輩に病気について話し、「さりげなく見守ってほしい」と頼みます。「顔色悪いよ」「ちょっと高いんじゃない?」そんな声にハッと自分の状態を気づかされることがあります。

1日1ページの手帳を使ってセルフモニタリング

自分の気分、仕事のタスクを理解、管理するために、1日1ページの手帳(エディット)を使っています。Read more