休日に予定を入れる時は第三者に相談して過活動を防止

私の「躁状態の前兆」として、「休みの日に予定を入れたがる」というものがあります。友人と会うとか、イベントに参加するとか、スポーツをするとか、外出が伴う予定です。自分の思うがままに予定を入れてしまうと危険なので、私は母親に意思決定権を委ねています。「今度の土曜日、○○に行こうと思うんだけど」などと相談し、前後の仕事の詰まり具合や他の予定などを考慮した上での意見を聞き、その判断に従っています。私の母親は双極性障害について詳しい訳でもないのに、なぜかこの点について的確な感覚を持ち合わせているので、信頼して従うことにしています。いい年してお恥ずかしいのですが、今まで散々心配かけてきたので、少しは言うことを聞かなきゃという思いもあります(笑)

双極Ⅰ型の激躁の時のアイディアは無駄か?

僕はそうは思いません。確かに訳のわからない行動をしているし、お金は使うし、周囲に迷惑はかけるし散々です。その後、鬱が来てから後悔して罪悪感を感じて、激躁でしたことを忘れたくなるかもしれません。でも冷静に振り返ると、ストッパーなしでやりたいことができているんですよね。だからその躁を分析すると、自分が本当にやりたいことがわかるかもしれません。激躁状態も馬鹿ではないんだなと、僕は自分で振り返って思うことがありました。

認知行動療法を学習できるアプリ「SPARX」

スパークス(SPARX)という認知療法を学ぶことのできるアプリを利用しています。2,000円の有料アプリです。認知療法以外のメンタルに役立ちそうなスキルも学べます。認知療法のことは以前から知っていて、本などでやってみたのですが、自分で自動思考を紙に書いたりするのが億劫になり、やめてしまいました。このゲームでは、行動活性化法(気分が落ち込んでいても何か活動をしてみる)、リラクゼーション(呼吸法)、かんたんな筋弛緩法(きんしかんほう)、コミュニケーションスキル、問題を解決するスキル、アンガーコントロール、ネガティブな自動思考に気づく方法などを学習することができます。

ストレス・憂うつな気分への対処方法を学ぼう!SPARX

ストレス・憂うつな気分への対処方法を学ぼう!SPARX
開発元:SmileBoom Co.Ltd.
¥2,000
posted withアプリーチ

鬱の時の家族との向き合い方

初めて鬱状態になった時には家族も驚いて、気晴らしにどこかに行こう、と温泉や海外旅行に連れて行ってくれました。皆さんもご存知の通り、双極性障害の鬱状態はエネルギー切れのようなものらしいので、ひたすら休養に専念するのが正しかったようです。旅行に行くのは大きな間違いだったということです。Read more

看護師として就職活動する際や現場で働く際に注意すべきこと

1)事前に医院やそこに勤めている看護師を探ろう

患者のふりをしてその医院に行き、自分の目で看護師に症状を告げて何処の科に行くのかなど適当な質問もしましょう。そして、親切な対応かどうか、あるいは受付に聞いて欲しいなど素気ない態度を取るのかどうか見て、勤務を希望している医院の複数の看護師の印象で判断しましょう。Read more

自分の病気がパートナーのうつ病に悪影響を与えてると言われ

私たちは14年付き合ったゲイカップルです。そのうち8年間は同居しています。ところが、今年になって、彼が急に別れたいと言い出したのです。彼は内科医で、長く関西の大学病院などに勤務していました。しかし、私との同居のため、Read more

対策への注力のされ方における双極性障害とHIVの比較

「薬の一包化」でODを防止』というナレッジを読んでみました。確かに双極性障害に限らず、精神疾患のお薬は種類が多かったりして飲み忘れがあり、ODにつながってしまう場合もあるでしょう。もし、双極性障害のお薬が錠剤1個だけ、しかも1日1回だけ服薬するば良いならば、Read more

福祉施設で通所者同士の連絡先の交換が制限される場合があるけど

先日、通所している就労移行支援事業所から急に「利用者間の連絡先の交換はNGとし、これに違反する場合は契約を解除する場合もある。」と言われました。一方で、私は以前リワークを利用していたこともあるのですが、その時に築いたピアサポーターとはお互い学びあえる関係を今も続けています。福祉施設を利用した経験のある方で、利用者間での連絡先の交換などで注意された方もいらっしゃると思います。ピアサポートの形成について、施設側が制限することについて皆さんはどのようにお考えでしょうか。

働けるようにはなったけど、休日の過ごし方が分からない

現在、週3で障害者雇用枠で働いています。週に4日も休みがあるのですが、休日の過ごし方が分かりません。暇があればパチンコにいったりしています。

ないものねだりをせず、今ある小さな幸せに感謝しよう

帰る場所があること、働ける場所があること、愚痴や悩みを言える友人がいること。小さな幸せにも感謝、感謝。プラス思考が大事だと思います。人生は長いですし、小さな事でくよくよしていたら身が持ちません。落ち込んだ時にこそ、無いものねだりするのではなく、現状に感謝することが大事だと思います。