不運な出来事が起きても、不幸な道を歩んではいけない

今年も梅雨の季節がやってきた。止まない雨はないと言うが、私の心の雨はずっと降り続けている。寂しい夜も・・・苦しい朝も・・・孤独な昼も・・・必ず死ぬと理解しながら生きていかなければいけないのが人間だ。Read more

自分に合った主治医や病院を見つけるための10箇条

  • 減薬・断薬したいと申し出た時に協力、具体的な計画を提示してくれるか
  • 顔の表情を見て話してくれるか(パソコンを見ている先生が多い)
  • 障害者手帳、年金、自立支援などの手続きを熟知しているか
  • 初診からの2度目の診察時間が極端に短くないか
  • 希死念慮があると伝えた時、すぐに入院の指示を出すのではなく、じっくりとその背景を聞いてくれるか
  • 看護師等のスタッフの感じが良いか、事務的でなく親身に接してくれるか
  • こちらが感じていることなどを否定せずに尊重してくれるか
  • 自宅からの交通の便が良いことよりも、遠方まで足を延ばし、セカンドオピニオンなど、他の医師と比較検討すること
  • 他の患者の診察時間や、診察前と診察後の表情を観察すること
  • 名医かどうかや周囲の評判に捉われず、自分の足で多くの個人医・病院の診察を受けること

障害者手帳と自立支援の更新のタイミングを合わせよう

私は以前、障害者手帳と自立支援医療受給者証の更新時期がバラバラだったので、診断書を別々に書いてもらっていました。実家に戻り、住む地域が変わってから、役所の人に教えてもらったのは、「手帳と自立支援の更新のタイミングを合わせることで、診断書の取得が1回で良くなる。」ということでした。診断書代って1回5,000円くらいしますよね。これまで更新の度に2つで10,000円かかっていたのが5,000円で済むようになり、別々に行っていた更新手続きも1回にまとまり、負担がだいぶ減りました。

障害年金の受給開始と同時に国民年金の法定免除を申請

障害基礎年金2級の受給が決まった後で、年金事務所から「国民年金の納付の法定免除ができますがどうしますか?」という案内が届きました。調べてみると、法定免除を受けた期間は国民年金を半額納めたこととして老齢基礎年金の額が計算されるとのことでした。考えた末、国民年金を全額支払って全額納めたことにされるよりも、全額免除にしてもらって半額納めたことにしてもらう方がお得かな、と考え、尚且つ、この先もしも経済的に余裕が生まれた場合でも国民年金基金などに不足分を納めればおじいさんになってからの年金が満額に近づくかな、とも考え、法手免除を受けることにしました。その後、年金関係の仕事をしている知人にそのことを話すと「それで正解ですよ」と言ってもらえたので安心しているのですが、他の方はどうしているのか気になります。

病気を悲観せず、前に進む気持ちを忘れないで

先日、同い年の会社の同僚が癌で亡くなりました。

私は生まれた時から両親に虐待されながら育ち、またそれがきっかけで鬱を発症し、最終的には双極性障害と診断されました。一生治らないと宣告された時は、そのことを容易には受け入れられず、己の運命を呪い、なんてひどい人生だろうと絶望もしました。

しかし、妻子を残し志半ばにして亡くなった同僚を目の当たりにし、いつまでも自分を悲観していてもしょうがないことに気付きました。生きたくても生きられない人たちもいるのだと痛感しました。

Read more

結婚や子供はあきらめたけど、それでも自分なりの幸せを

恋愛や結婚はもう諦めています。この病気は遺伝性が強いという話を聞くので、子どもができて遺伝したらどうしよう、躁鬱のアップダウンにパートナーを振り回してしまうのもつらいし、などと思ってとても恋愛や結婚をしたいという気持ちになれません。別に恋愛や結婚だけが幸せではないし、逆に恋愛や結婚で不幸になった人もいっぱいいるので、自分は一人で一人なりの幸せな過ごし方を追求したいなと思います。

周りの人達がいつも自分のことを支えてくれるという実感を持つことで

自己肯定をする気持ち、そして周りが自分のことを支えようとしてくれてるんだという実感を持つよう心がけています。鬱に落ちたとき自己否定に陥るのをなるべく食い止めるためです。Read more

障害年金の受給に肯定的な医師を選ぶことの大切さとその見つけ方

私は、障害年金申請用の診断書を書いてくれるかどうかで医師を選ぶのをおすすめします。医師との相性、というのももちろん大切ですが、Read more

薬は集団生活を送るために必要な「サプリメント」

私は双極性障害Ⅱ型と診断が定まってから12年目です。お薬については、しばしばWeb上で「薬漬けにされる」などの記載を見かけますが、Read more

血液検査ができることや入院施設があることが病院選びの基準

双極性障害の診断が降りてからまだ1年あまりの初心者です。病院選びのコツ、というテーマがあったので自分の体験を書かせて頂きます。Read more