他人の評価ばかりを気にしてしまう自分を変えるために

世の中には私を含め、認知の歪みを持つ人がたくさん居ると思います。私は、アイデンティティの形成が、双極性障害や家庭環境により上手く出来なかった事で、大人になった今でも苦しむ事が多く、困っています。他人の評価ばかりが気になり、自己容認が難しく自分自身を責め続け、鬱転する事があります。そういった時には、Read more

WRAPのおかげでセルフモニタリングや対処がしやすくなった

リワーク(復職支援)に通っている時に、「WRAP」というものに関するグループワークに参加しました。WRAPとは、メアリー・エレン・コープランドという方(ご自身も双極性障害)が考案した、Wellness Recovery Action Plan(元気行動回復プラン)の略で、「なりたい自分」を目標として、行動のあり方を考えるという、ちょっと病気の治療法とは思えないものです。Read more

認知行動療法を学習できるアプリ「SPARX」

スパークス(SPARX)という認知療法を学ぶことのできるアプリを利用しています。2,000円の有料アプリです。認知療法以外のメンタルに役立ちそうなスキルも学べます。認知療法のことは以前から知っていて、本などでやってみたのですが、自分で自動思考を紙に書いたりするのが億劫になり、やめてしまいました。このゲームでは、行動活性化法(気分が落ち込んでいても何か活動をしてみる)、リラクゼーション(呼吸法)、かんたんな筋弛緩法(きんしかんほう)、コミュニケーションスキル、問題を解決するスキル、アンガーコントロール、ネガティブな自動思考に気づく方法などを学習することができます。

ストレス・憂うつな気分への対処方法を学ぼう!SPARX

ストレス・憂うつな気分への対処方法を学ぼう!SPARX
開発元:SmileBoom Co.Ltd.
¥2,000
posted withアプリーチ

「アレキシサイミア」と「アレキシソミア」

不安や焦り、ストレスなどを感じている時に、左の脇腹辺りに不快感というか、ジワ~っと内側から何かが分泌されているような感覚になることがあります。Read more

元気回復行動プラン「WRAP®」(ラップ)について

私がデイケアに通うようになって出会ったメソッドでWellness Recovery Action Planを略したもので、かつ日本語訳した名称です。なので日本語で言うところの「元気」という単語に多少違和感を抱きましたが、本人的に健やかな状態だと理解しています。Read more

アロマテラピーのススメ

アロマテラピーにハマっています。就寝する1時間前くらいからディフューザーで部屋をアロマの空間にしています。Read more

自分のスキルを大幅に超える仕事は避ける

躁状態やうつ状態の予防策として実践していることを整理しました。Read more

デイケアのススメ

私は鬱症状を罹患して18年、双極性障害が判明して7年、在職中に2、3度の求職や転職を繰り返しましたが、入院するほどのこともなく(近くに理解者がいなかった)、復職支援などの制度もなく、心療内科に通って薬をもらう以外の「まともな対応」がほとんどありませんでした。Read more

他人との境界線を作ってでも自分を愛して欲しい

今まで目を背けていた自分自身とようやく最近になり向き合う事が出来ました。向き合うのは辛いし苦しいですが、必ず苦しみや辛さは消化されます。Read more

ピアカウンセリングのススメ

ピア・カウンセリングは私にはとても効果があったようで、「自分だけじゃないんだ」と、とても安堵しました。最初は億劫かもしれませんが、一度でも参加してみる事。違う自分を、垣間見れるチャンスにもなると思います。