緩下剤の調節が難しくて

サインバルタ(デュロキセチン)とリフレックス(ミルタザピン)という薬の副作用らしいのですが、飲み始めた頃に便秘になりました。その対策として、ラキソベロンという緩下剤を処方してもらっています。Read more

リーマスの副作用で口の渇きと便秘と手の震えが

リーマス(炭酸リチウム)の副作用で口の渇き、便秘、手の震えがあります。口の渇きは、1時間おきに飲み物を飲んでいないとやっていられないので、自然とトイレの回数も増えました。また、手の震えは文字がうまく書けなかったり、スマホをうまく支えられなかったりして、生活に支障が少し出ています。

リーマスとラミクタールの併用で低め安定が改善

気分安定薬として種類はいろいろありますが、私はリーマス(炭酸リチウム)とラミクタール(ラモトリギン)を併用して飲んでいます。初めはリーマスだけで調子は安定するのですが、軽い鬱状態がキープされた安定なので、無感情な状態になってしまいました。後で調べたらリーマスは軽い鬱寄りでキープ、ラミクタールは軽い躁寄りでキープされるようで、併用したらちょうどよくなりました。

あの時の強い希死念慮はパキシルの副作用だったのかも

25~6歳の頃、パキシルを処方されて飲んでいた時、日に日に自殺願望が強くなり、かなり追い詰められ、レンタカーを借りてレインボーブリッジから飛び降りる計画を本気で考えていました。Read more

抗うつ薬だと気分の波を大きくしてしまう気がする

躁状態を抑えられれば、反動で来る鬱状態の波も小さくなります。私はここ7年ぐらい抗鬱薬(ジェイゾロフト等)を飲んでいません。Read more

ラミクタールで血小板の値が減少

2年くらい前の健康診断で、血小板が少なすぎると引っ掛かりました。犯人はラミクタール(ラモトリギン)という気分安定薬でした。Read more

リーマスの影響なのか、食欲と性欲が落ちた

リーマス(炭酸リチウム)で脳の興奮を抑えたりしているからか、食欲や性欲が弱まっている。腹は減るが、食べたいもの好きなものはなくなってしまった。かわいいとかセクシーだとは思うが、より突っ込んだセックスの話にも実際のプレイにもほぼ興味がなくなっており、薬剤性なのか心因性なのかよくわからないED様状態。パートナーは欲しいが、その点でコンプレックスがある。

甲状腺ホルモンを飲む治療を開始

経過はちょうど20年。初めは精神分裂病の診断でした。抗精神病薬を飲んでいましたが、多少効果はあるものの、気分は上がったり下がったり、たまにフラットだったりでした。Read more

ラミクタールを飲み始めて変わったこと

投薬治療としてラミクタール(ラモトリギン)を服用しています。自分が感じたラミクタールの副作用について記しておきたいと思います。Read more

下剤が効き過ぎて

お腹が緩くなり大便を漏らすこともありました。マグミット(マグラックス)という薬のせいです。