私だけでなく同病者の友人も離婚を経験

私は一時期、セミプロの音楽家として活動していたことがありましたが、私が双極性障害を罹患していることが判明する以前からの付き合いがあったシンガーの女性が二人おりまして、この二人がご他聞に漏れず離婚をしております。かくいう私も2回の離婚を経験しております。Read more

精神障害が重なるということ「コモビディティ」

私は双極性障害を診断されるまでも、なんとなく社会の中での生き辛さを感じておりました。そしてWeb上のコラムにあった元主治医の渡部芳徳氏のインタビューの中で「引っ込み思案の目立ちたがり屋」というキーワードの元、双極性障害と社会不安障害の併存を示唆していました。Read more

どうして人と揉めるのか?なぜ人から疎んじられるのか?

これは過去の失敗談ではなく、現在も継続している問題であります。Web上、特にSNS上やメールなどで起こりがちなことですが、こっちとしては特段の悪意がないにも関わらず人を傷つけることが多いようです。Read more

元気回復行動プラン「WRAP®」(ラップ)について

私がデイケアに通うようになって出会ったメソッドでWellness Recovery Action Planを略したもので、かつ日本語訳した名称です。なので日本語で言うところの「元気」という単語に多少違和感を抱きましたが、本人的に健やかな状態だと理解しています。Read more

アロマテラピーのススメ

最近、アロマテラピーにハマっています。就寝する1時間前くらいからデュフューザーで部屋をアロマの空間にしています。Read more

薬で太ったが筋トレと軽い食事制限で減量に成功

ただでさえ精神科の薬は太りやすいのに、セロクエルやジプレキサを処方されている方々は体重増に悩まされていない方が少ないでしょう。Read more

WEBの知識を身に着けて在宅勤務を実現してから生きやすくなった

家でできる仕事をする為に、勉強しました。今ではWEBの仕事でフリーランスとして家で仕事をしています。たまに躁転してる時に打ち合わせで人に会わなければならない事もありますが、金額や仕様など重要な事はその場で概要だけ確認をして、後から文章にしてメールで送ってそれを正式なものとしてもらってます。ほとんどはパソコンの中だけで収まるので助かってます。技術を取得するのは大変ですが、自分のペースで出来る今の仕事を始めてから生きやすくなりました。

当事者同士だからこそ察知できることがある

私は知人とトラブルを起こしてしまいました。そのトラブルに私は嫌な感情がぐるぐる渦巻いてしまったのです。Read more

実家近くの集落では私の病気は”膵臓炎”ということになっている

私の実家は山の中にある集落で、人口も少なく同じ集落に住む人たちはみんな顔なじみと言う所です。初めて体調を崩し実家に帰ってから今まで、私の病気は"すい臓炎"と言う事になっています。Read more

リーマスの副作用で口の渇きと便秘と手の震えが

リーマスの副作用で口の渇き、便秘、手の震えがあります。口の渇きは、1時間おきに飲み物を飲んでいないとやっていられないので、自然とトイレの回数も増えました。また、手の震えは文字がうまく書けなかったり、スマホをうまく支えられなかったりして、生活に支障が少し出ています。