気候・疲労・ストレスが症状のトリガー

薬だけでは波を完全に抑えるのは難しいと感じています。長期的には季節の変わり目が鬱で、安定している時は軽躁でした。気温差、気圧の上下、疲れ(ストレス)でうつ症状が出やすいというのが2017年を振り返っての印象です。

不安障害による反芻思考が鬱に拍車をかける

人間関係、職場・仕事内容の変化、季節(秋冬の寒い時期は特に鬱に傾きがち)、服薬量のコントロールミスなどがあると、それらが引き金になって躁や鬱の症状が出ることがあります。躁うつの切り替わり周期は1~3ヶ月程でしょうか。不安障害がもとになった、自分を追い込む循環思考が鬱に拍車をかけることがほとんどです。落ちるときは一気に落ちます。これによる欠勤で仕事をやめざるを得ない状況になります。同僚には、ある日突然欠勤し始めたようにしか映りません。

環境の変化や気温の高低差が躁うつのトリガー

私の場合、3~4月に躁、10~11月に鬱になりがちです。春は進学、就職、引っ越しなど環境の変化が、秋は気温の高低差がトリガーとなるようです。春の躁でエネルギーを使い果たして鬱になるということも考えられます。正直、春のソワソワした、新しいことをしたくなる、前のめりになる時期に自制しないといけないのは辛いです。このあたりはまだ自分の中で消化し切れていない課題です。

症状の主なトリガーは周囲の人の言動

僕の場合、上司が転勤で異動するとうつがすっかり治り、(軽)躁にもならないことから、自分の周りの人の影響で、気分変動が生じることはあるかもしれない。

些細なことが躁と鬱どちらのスイッチにもなる

病歴(発覚してから現在まで)がまだそこまで長くないので、自分の躁と鬱のサイクルもまだうまく掴めていません。私の場合は鬱期が圧倒的に長く、躁転する時には必ず何かしらの事件やイベントがあるようです。仕事が上手くいった時、友人と楽しく過ごせたあと、義母からの電話、幸せそうな友人のSNS投稿……些細なことがON、OFFどちらのスイッチにもなります。それらがスイッチになるということが分かっているだけでも楽です。落ち込みも激昂も本当の自分なのか病気が誇張させているものなのか一瞬自分で考えることができます。

季節の移り変わりによる体調の変化を見極める

双極性障害の波、人によって様々だとは思いますが、仕事や人間関係などの一時的なストレスから起きるもののほかに、季節の変わり目に躁鬱の波がドドーンと来る方も多いようです。Read more

うつ状態がメインだが年に2~3回躁状態に

躁状態とうつ状態の周期は、常にうつ状態。年に2~3回、2週間〜2ヶ月程度、躁状態になります。感情の起伏は常に激しいです。自分でもコントロール出来ず辛いです。

1~2ヶ月周期で躁と鬱を繰り返す

1~2ヶ月に1度のペースで躁と鬱を繰り返しています。私の場合は鬱の方が強いようで、身動きがとれない時期が2週間ほど続き、次第に起き上がれるようになってバリバリ家事をこなせるようになります。ヒラメキや行動力もアップし、鬱期とは正反対の元気ハツラツ!状態です。そして次第にイライラが増し、躁の頃の疲れも出てきて鬱に逆戻り、というサイクルで生活しています。

夏が軽躁で秋冬は鬱

季節の移り変わりが躁うつの切り替わりに影響しています。春が安定期、夏が軽躁、秋冬がうつ。夏の軽躁で体力を使い果たし、秋冬にうつ状態になってしまうパターンが多いです。

躁うつの切り替わり周期はバラバラ

1週間で変わったり、日内変動だったり、1ヶ月で変わることがあります。