軽躁の時に浪費するのでバイト代が貯まらない

軽躁状態は、いわゆる、フットワークが軽い状態になります。鬱状態の時の疲労感もかなり軽減し、意欲も湧くので、家事が捗ります。Read more

学校から帰るとすぐに就寝

意欲低下、ほぼ無気力です。そして常に疲労感、だるさ、眠気があります。過眠です。そのため、Read more

公共マナー的なものにうるさくなる

現在処方されている薬が最も安定している組み合わせのはずですが、強い躁鬱を抑えるにはかなり限界がありまして、ちょっとしたことでイライラします。自転車の無灯火とか、携帯見ながらとか、そういうルール的なものにうるさくなる点もありますが、自分の思い通りにならないことに関して不機嫌になっているのかも知れません。

体が緊張しやすい

不安障害と絡むのかも知れませんが、例えばじっとしていても勝手に肩が上がったり力が入ってしまうほど身体が緊張しやすいです。Read more

夏は躁で冬は鬱のことが多い

まだ把握できていないが、夏は元気か躁のことが多く、冬は鬱が多いので、6ヶ月前後、厳密には4~8ヶ月程度かと思われる。

家から出られなくなる

浮き沈みが激しく、沈んでしまうと1~2週間は家から出られない。

疲れていることに気付かない

過食気味になったり、本当は疲れているのにそのことに気がつかなくて、部屋の中だとずっとネットサーフィンしたり、外にいるとどこにでも立ち寄ってしまい、もっと疲れていく傾向になる。

試験のプレッシャーで攻撃的な躁状態に

爆買いしてクレジットカードは何度も止めました。ブランドバッグを買ったり、売ったりして。Read more

スーツに袖を通すことができない

仕事に行こうとしても、スーツに袖を通すことができませんでした。また、仕事が終わらないため、PCを家に持ち帰るようになったのですが、それでも進まないし、妻のこともおろそかにしてました。躁のほとんどが混合だったかもしれません。

クライアントに提案書を作りまくる一方で上司や会社と対立

営業職だったのですが、仕事が止まらなくなり、客先にたくさんの提案書や商品チラシを出していたら大評判になってしまいえらいことになりました。Read more

お風呂に一人で入れない時期も

躁鬱がひどかった頃一番困ったのはお風呂に一人で入れないことでした。一人で浴室に居ると憂鬱になり鬱状態になるので、Read more

負の感情のコントロールが効かない

軽躁状態は万能感が沸いて気分が良くなると言いますが、そうじゃない躁状態もあります。理由もなく怒り、Read more

ひどい時には声を出す事すらおっくうに

鬱状態の時、気分が落ち込むのは想像しやすいかと思いますが、身体的な症状が出ることもあります。Read more

何事もネガティブになり常に死に方を考える

ベッドで寝たきり。トイレと食事くらい動くのみ。会話もしたくない、人嫌いに拍車がかかる、何事もネガティブ、死に方を常に考える、少しの変化も弱くなる、よく泣く、手首を切る、薬を大量に飲む、現実逃避が激しくなる。

テンションのコントロールが効かない

ご機嫌か、急なぶちギレ、常にイライラ、我慢できない、衝動買い、批判、Read more

鬱になると子供に当たり散らしてしまう

鬱になるとイライラが募るので、子供に当たり散らしてしまいます。子供がかわいそうなのはよくわかっています。でも癇癪が治らないので困っています。

自室に一日引きこもることも

朝は起きれず、夜は眠れなくなります。セルフネグレクトになり部屋は汚部屋に。やる気がなくなり食事の準備もままならず、スーパーのお惣菜で済ませたり、買い物にも行けない時は乾麺の蕎麦やうどんだけで終わらせることもあります。自室に引きこもって、ベッドの上で1日過ごすこともあります。